開催したい飲食店(生産者)様へ

演劇ごはんは、みなさまの想いを物語にしてお客様に届ける

フードエンターテインメントです!

食べ物の本質や背景をコメディタッチの作品を通して伝えながら、演劇をより身近なエンターテイメントにし食にもっと興味を持ってもらうという社会課題に取り組む企業として飲食店を舞台に「演劇」と「お食事」を組み合わせた全く新しいエンターテイメント「演劇ごはん」を開催してきました。

貴社の掲げるホスピタリティサービスの本質を汲み取りオリジナルの脚本を作成して開催することが可能ですし、お料理の魅力や想いを体験型で楽しみながらお客様に伝えることができます。

弊社ほど飲食店や食に寄り添ったコンテンツ、また日常と非日常がシームレスになったコンテンツはないと自負しております。

舞台芸術が日常に根付いていない日本で、客席と舞台の垣根のない一体型の空間を作りお客様も物語の住人となってお楽しみいただきます。時には物語の分岐や食べ比べ、謎解きなどの要素を入れ込みお客様も物語に介入していただきます。

そうすることで、物語の中に散りばめたお料理や食材に込められた想いやこだわりを自然とお客様の心に刻み込むことができ、体験としてより深く刻み込むことができるのです。

15分ほどのフラッシュモブ的な軽いイベントから3時間ほどのディナーショーベースでの大きなイベントまで幅広く企画できます。

47都道府県もしくは海外など、どこへでも!

まずはお気軽にご連絡ください。

FAQ

演劇ごはんってどんなイベントなの?

2015年に誕生した、客席と舞台の垣根のない「シームレス」な状態で一体感や臨場感を楽しめるフードエンターテインメントです!参加型が苦手な方でも程よい距離感で楽しめるよう設計してあります。

その日、その時、その場所で、ご参加されたお客様とお店の想いのこもったお料理で作り上げる、日常と非日常が交錯した唯一無二の「体験」が味わえます。

日テレ「hte SOCIAL」や「Oha!4 NEWS LIVE」、「ゼロイチ」産経新聞さんにも取り上げて頂き、下記紹介動画から様子をご覧いただけます。

どんな飲食店でも開催できるの?

実質どこでも開催できます!
過去、最小8人から最大60人キャパまで多種多様な飲食店様と開催してきました。
舞台がある必要はありませんが、敷居がない開けた空間があると企画しやすいです。
個室ばかりの飲食店様でもピンポイントで個室ごとにお芝居を繰り広げる形も可能です。

お料理のジャンルは問いません。
伝えたい想いやこだわりが強ければ強いほど親和性は高くなります!

飲食店側は何をするの?

飲食店様にして頂くことは下記5つです。

1.食材やお料理、空間、ホスピタリティなど、伝えたい想いやこだわりなどの情報共有

2.開催日程の確保(貸切もしくは半貸切状態となるため)

3.SNSや店舗でのチラシ配布などによる宣伝、集客活動

4.開催店舗にて稽古を数回させて頂くための場所提供(アイドルタイムや営業に支障がない範囲で)

5.開催日のお料理提供

費用感や日数は?

企画に当たっては、①請負型 ②レベシェア型 がありますのでご相談の上、決めていきます。
イニシャルコストがかかるため、単発ではなく定期開催や複数回開催といったように長く使う前提で考えて頂いた方がコストパフォーマンスが良いです。


平均して一度の企画で10ステージほど開催しております。
例、平日夜5日間を2週に渡って計10ステージ、平日夜3日分と土曜日昼と夜の2回を隔週で計10ステージ、1ヶ月の中で曜日はバラバラで計10ステージ

CONTACT